FC2ブログ

外には弱く中には強い民主党の責任転嫁のドタバタが恥ずかしい

 政治家になりたい。会社の役員になりたい。宇宙飛行士になりたい。
何の職業でもいいけど、なりたいのと、なれる人とでは本来違うはずなんだが、政治家の場合、人気投票や国民の民度が低いって言われる事もあって、えー?何で?と言う人が政治家になってしまう事がある。それで政治家になったは、いいが、人間ってやっぱり生まれ持った度量ってあるんだよね。
 管さんや鳩ちゃんは、総理になりたかった人なんだろう。そしてなってしまった。しかし、この人たちは、やっぱり総理になるだけの度量が無かったんだと思う。キャパシティがね圧倒的に足りない。
 消去法で、又は運良く、総理になってしまった。天のイタズラなのか政治家にも総理にもなれてしまった…が、やはり思った通り、この国を1億3千万人をとんでもない方向へと持って行ってしまう。
 鳩ちゃんなんて、もうね、お願いだから「口を開くな!」と思うんだけど、余計な事をチャラチャラしゃべり始める。しかもトンチンカン。普通こういう人はトップには立てない筈。何かが狂って総理大臣になってしまった。脳天気な人だから怖い物知らずのパッパラパ~で、もう無茶苦茶。一人でお花畑の真ん中で友愛ごっこをしているだけで国家と言うものを全く認識した事が無いのが見え隠れする。それを取り繕って分かってるような発言をするもんだから

「う~~ん。何こいつ?」

となってしまう。

 管ちゃんも市民活動から出てきた人。きれい事のリベラルな良い人振りっ子は、悪い人になれないし局面に立つとオドオドオドオド。ついには自分の方から相手におべんちゃらを言ってしまう腰抜け。

 良い悪いは別にして死刑を言い渡されても毅然としていた東条も
 野次に向かって

「バカヤロウ!」

と言い放った吉田茂も
近くは、脅しに脅されても靖国参拝に行った小泉さんも度量があって信念もあった。必要なら喧嘩も出来た。そして何より日本の事を考えていた。
日本の事を考えない人間が政府の要職についてしまうと…ホラホラ!又、人のせいだよ。そして今度は部下(地検)のせい。何でもかんでも責任転嫁のオンパレード。
 一般社会で尊敬も愛されもしないような奴が首相や官房長官になってしまうと、こうなるだろうね。何かあればコソコソ、オドオドと人のせい。そして国民までも誤魔化そうとする。

『おいおい!何コソコソと中国へ行ってる!!ヤクザ中国に嫌われたくない症候群か?こら!いい加減にしろ!!』

 いったい日本を、日本人を、どうしたいんだろうね。この人のせい症候群の政党は…。


テーマ : 尖閣諸島問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事の更新,ありがとうございます。
また,コメントへの返信も頂きまして,とてもうれしかったです。m(_ _)m

さて,今回の記事ですが,いまの菅政権はまったく支持が出来ません。
また,こういった時こそ,世論調査をメディアが行って,国民の政権への捉え方を知りたいものですが,まったくされていない事に多少の怒りを感じています。つい最近まで,小沢さんを支持するか,菅さんを支持するかを何度も繰り返し世論調査をされていたのですから,いまも出来る余力があるのではないかと感じます。

また,きょうで韓国と日本をソラでつなげるウェザーニューズの「ソラトモ」サイトが閉鎖されます。

個人的には,サイトの力で日韓のコミュニティをいくらでも活性化できる道があったのではないか,と考えるのですが,サイトの更新も,16期キャスターが誕生したのに15期キャスター誕生の記事がずっと掲載されていたなど,途中から非常にいい加減になったりして,力の入れなさが伝わってきました。

ソウル市提供で,ソラトモパーティーなどが行われましたが,その提供元とウェザーニューズをつなぐ,肝心要のサイトが終わってしまうのは,とてもやるせない感じがします。日韓の交流にどの程度役に立ったのか・・・と感じてしまいます。

長文になってしまいましたが,最近感じたことを書かせて頂きました。m(_ _)m

No title

国益とか国体とかどうでもいいんですよ。彼らの既得権益さえまもられれば。日本民族の独立だってどうでもいい。その証拠にかれらは在日外国人の参政権を認める法案を通そうと必死になってたでしょ?現在の在日外国人といえば、中国、韓国、北朝鮮が主力ですから。
財源がないのに強行した子供手当ての次のきめてがこれ。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
源高志のオンライン短編小説(無料)
出版されてない短編をネット公開する事にしました。 他にも追加予定です。
日めくりカレンダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
増刷してない拙著紹介
関連DVD
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新トラックバック