FC2ブログ

深夜特急の自慢話と制作秘話

 沢木耕太郎氏原作の『深夜特急』を映像化した番組で企画と構成を担当した。
 もちろん制作秘話も色々あるんだけど、その前に少しだけ宣伝って言うか自慢話をさせて欲しい。DVDの第二便になる『劇的紀行 深夜特急'97〜西へ!ユーラシア編』で大沢たかお扮する沢木耕太郎がリストラされた商社マンとイランの『アルゲバム』に行くシーンがある。200年前に住んでいた人々が忽然と消えて廃墟となった町だ。町そのものは残っているが住人が居ない。当時の煉瓦作りの住居跡も路地裏も水道施設の跡も風で浸食されてはいたが、ちゃんと残っていた。そして映像で残した何でここを強調するかと言えば、そのアルゲバムの町は2000年12月末にイラン南部を襲った大地震で跡形もなく消えてしまった。
 そう!アルゲバムが、どんな史跡だったのか知る事のできる映像として、しかも完全な資料的映像として唯一残ったのが第二便『劇的紀行 深夜特急'97〜西へ!ユーラシア編』なのです。だから資料として各自買って自宅に置いておいてねw俺も少しだけ儲かる…。
アルゲバム

 深夜特急制作秘話
 
 当時のドキュメンタリー番組は著名人をナビゲーターに使うのが流行だった。
 ただ、これの悪いところは、相手が著名な俳優だったりすると気を遣い過ぎるのか、やたら顔のアップが多くなる。視聴者は、著名人の顔より、その人が見ている光景や風景を見たいはず。制作者が、視聴者目線に立っていないと、こういう事態が起こる。今の民主党に似てるね。
 深夜特急第一便『劇的紀行 深夜特急'96〜熱風アジア編』での香港のシーンでも編集室では、大沢の顔のアップばかりで香港の魔界らしさが出ている映像が足りない!になった。結果、議論百出で

「もう一度撮り直すぞー!」

てな事になった。すると大沢たかおも

「受けて立ちます!もう一度行きましょう!その分はNOギャラでいいです!」

即答した大沢たかおも良い根性してた!

でも結局すったもんだの挙げ句に再度の香港行きは実現しなかった。何故なら、ロケハンで撮った資料用映像、同行スタッフの撮った素人ビデオまでフル動員して普段やらないような手段で編集を行った事で逆にあの香港の禍々しさを表現する事に成功した。
苦労したけれど後に絶賛される事になったから結果オーライだね。

 考えたらWNIも同じ溝に嵌ってるね。ユーザー目線じゃなく御曹司ヨイショ目線番組だよね。あれ?お坊ちゃまは著名人だったのか!


テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
源高志のオンライン短編小説(無料)
出版されてない短編をネット公開する事にしました。 他にも追加予定です。
日めくりカレンダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
増刷してない拙著紹介
関連DVD
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新トラックバック