FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記者の無礼か、それとも橋下市長の…。

当ブログのアクセスがお陰さまで3万を越えました。心から御礼申し上げます。


さて、話はコロっと変わって橋下市長のぶら下がり会見でのMBSの女性記者とのやり取りがネットで注目の的になっている。

「ここは議会では無いので答弁する義務だけを負っているわけではないので」

と断って橋下氏が逆質問を始めた。
一つの質問に対してMBSの女性記者の認識度を聞いてから答えますと言うものだった。
その質問をするなら当然知っている筈の前後、背景。それらを全て調べた上での質問ですよね?

この逆アップに慣れていない記者。

「記者たる者、どんな障害があろうとも質問の答えを取って来い」

と教えられたんだろうね。
こんな場所で、まさかディベートになるとは思っていなかっただろう。

記者 「国歌は何故斉唱しなければならないのか?それを子供には、どう教えるのか」
橋下 「公務員だからです。国に奉仕する公務員だから。国歌斉唱の時に歌うのは当たり前でしょ?」

さすがに、これには反論していなかったけれど
どこで取ったのか分からないアンケートの結果を引き合いに出し。
アンチも多いと主張。言思想信条の自由を犯している。それが各校長の判断にまで影響を与えているのではないか。

と言いたかったんだろうな。

法律、規律、ルールの上か下かではなく
思想信条は自由。それとルールは別って事も分からないらしい。

思想信条を盾にとってくるのなら、この世は無茶苦茶になっちまう。
あ…左巻きさんってのは、その無茶苦茶を目指していたんだっけね。

「革命は破壊から」

って唱えていた輩も居たもんな~。
おっと、ここでイデオロギー論争する気はありません。
ありませんが記者って人たちは、時々とてつもなく失礼な時がある。

30年ほど前、

『第二次放送作家ブームの仕掛け人たちの対談』

ってな企画をテレビガイドだったかな?そんな雑誌で巻頭特集したいと取材の申し込みがあった。
景山民夫と高田文夫と俺が、指定されたラウンジに呼ばれて行ったんだよね。

記者 「今日は、今、飛ぶ鳥を落とす勢いの超売れっ子放送作家のお三方に来ていただきましたが、
先ず最初に質問ですが、そもそも放送作家ってどういうお仕事なんですか?」
三人 ドタッ!!

源  「物の包み方を毎日考えてるんだよ。どういう包み紙がいいか…」
記者 「あ~それで包装作家って言うんですか…」
三人 「なんだこいつ…」

   忙しい三人を呼び集めているってのに、どんな番組を作っているのかもまったく調べていない。
   ダメだ、こいつ…って事で三人で記事の内容から紙面構成まで何もかも、その場で作ってしまった。
   その間、その女性記者はソファで笑い転げているだけ…。
   で取材が終わった時、記者が発した言葉が

記者 「では、今日のところは、これぐらいで」

   おっと!思い出した!橋下さんの会見と同じ言葉を聞いたぞ?確か…。
   彼らの常套句なのか?

   しかも、この記者…なんにもやってねええええええ!!

だからね橋下さん。真面目に理詰めで話してもダメなのよ。
ま、分かっててあえて言ったんだと思うけど
そういう種類の人たちなんだから。

結論!!

ギャグで切り返すか
徹底的に叩き潰すか

この、どっちにも弱い人たちだと思うよ。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【記者の無礼か、それとも橋下市長の…。】

当ブログのアクセスがお陰さまで3万を越えました。心から御礼申し上げます。さて、話はコロっと変わって橋下市長のぶら下がり会見でのMBSの女性記者とのやり取りがネットで注目の的になっている。「ここは議会では無いので答弁する義務だけを負っているわけではないので」...

コメントの投稿

非公開コメント

「呼び捨てされ激怒」の橋下市長に反論 小林よしのり氏「常軌を逸してないか?」
http://www.j-cast.com/2012/05/01130942.html
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
源高志のオンライン短編小説(無料)
出版されてない短編をネット公開する事にしました。 他にも追加予定です。
日めくりカレンダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
増刷してない拙著紹介
関連DVD
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。