FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントに御礼!!

 たくさんのコメント貰ってるのに返事が書けて無くて御免なさい。

 その中でテレビの韓流ごり押しの質問があったけど俺も責任者ではないし、その担当の人間と話したわけでもないので憶測の域を出ない。ある程度の原因は分かっていても推測で無責任にしゃべるわけにもいかないので書けないんだよね。
 ただ、韓国のドラマや映画、タレントなどが日本でもて囃されると他の国での評価が上がるらしいとだけ言っておこうかな。つまりある種のアリバイ作り?あくまでも、(らしい)ね。これも推測でしかないから深く追求しないように…。
 でも韓国のドラマが一部の人に受ける原因は分かる。5つの法則を使って、それにストーリーを絡ませる。単純明快だけれど日本のドラマが忘れがちだった基本を守っているから嵌る人が出てくる。俺も一時嵌ったww。2年ほどスカパーできっちり見て泣いていたw
だけど最近は何を間違ったのか地上波で大量に放送し出したから反感を買うんだろうね。そしてテレビ離れが進んでいる原因の一つにもなっていると思う。そう!見たければスカパーかレンタルで見れば良いんだよね。
韓流ドラマの5つの法則については、いずれ詳しく書くね。

 さて、外国が日本的を欲しがると以前にも書いたけど、その中に日本のスローライフがある。
ファーストフードに席巻された後

「ん?」

となって

「『おもてなし』の国、日本にはやっぱり少ししんどくないか?」

となってきたら今度は逆に世界の方が、この『おもてなし』に魅力を感じ出している様子。

日本の『スポ根』物もグローバルに?

インテルに入った長友選手のプロフを見てみると、そこには『キャプテン翼』の世界があって、ヨーロッパや東南アジアでは、アニメの世界の『スポ根』が日本には、まだ残っているんだと思ってくれているらしい。

で前にも書いた『チンチン電車』復活論。

これに同調する人も増えているんだけど、この『チンチン電車』温泉街で復活させたいんだよね。

 たとえば伊豆長岡、伊豆の国市は変に東西南北に伸びきった町。いっその事、各温泉街を、この『チンチン電車』で結んでしまえ!ってのはどう?
 大仁と韮山と長岡、畑毛をのんびりチンチンと…赤字で大変と合理主義者は言うだろう。けれど温泉に来る湯治客、そして町の周囲に点在するケアハウス。そう!これから、お年寄りが増える日本は『チンチン電車』でのんびりと…採算とれると思うんだけど。
romendensha.gif

 それこそ基金で運営して結社のようなグループで経営(公益法人でさ)。儲け主義の大企業感覚は、これからの日本、中国、韓国、東南アジアには向かないのよメジャーさん!札束で頬を殴る文化では生き残れません!

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

有難うございます。なんかご迷惑掛けてしまって…。
ドラマは母が連続モノを観てますがBSデジタルで満足のようでホッとしてます。
では失礼致しました。

こんばんは。

私は韓流が好きでした。いまは、昔ほどの興味はないので過去形で書いたのですが、一度DVD-BOXを買ったりして、一日中、ずっとドラマを見ていたことがあります。

私が好きになったのは、わかりやすいストーリーで、感情移入しやすい、というところでしょうか。
そういった観点でKBSの「秋の童話」が登場した頃「これは日本でヒットするかな?」と期待していましたが、実際は「冬のソナタ」がヒット・・・。私は完全にトレンド予測を外してしまいました。

そういった韓流が、日本でのエンターテイメントの1ジャンルとして存在することに、とてもすごいことだな、と感じています。昔は私が「韓国ドラマ」の話をすると、奇異な目で見られたり「韓国のドラマなんて・・・」という人も多くいました。

ところで私が初めて見た韓国の作品は「団地妻の暑い夏」だった気がします。これだけ見ると内容が卑猥な感じがしますが、実際には暴力的な夫に対して、夫の圧力に対して団地の嫁が集団で闘いを挑む、という内容だったと感じます。

1998年の夏だったと思うのですが・・・教育テレビの日曜16時から流れていて、面白かったのですが、最近、韓国映画の歴史を調べた時に、その映画を探したのですが内容に見合った映画の題名がありませんでした。

なので、題名自体も間違っているかもしれませんが、出来ることなら、源さんにも見て欲しい作品だなと考えています。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
源高志のオンライン短編小説(無料)
出版されてない短編をネット公開する事にしました。 他にも追加予定です。
日めくりカレンダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
増刷してない拙著紹介
関連DVD
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。