スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は、どうなってるのかな?

 昔、三十年ぐらい前だけど、テレビ番組を作る現場は面白くてコント番組ではセットの出来が明暗を分けた。
台本会議には、必ず美術部のチーフまで参加していた。
コントの設定が

『原宿のボーグが似合うようなカフェ』

ト書きにそう書いてあると、その美術部のチーフがサッと、その場でイラストを書く。
コントの内容を聞いていて小直ししてチーフディレクターに見せる。
するとチーフディレクターが俺に見せて

「源、こんな感じか?」

これが、またよく出来たスケッチでイメージ通りのセット図が、ちゃんと出来ていた。

「いいですね。バッチリです」

『秋の夕暮れ時の縁側』

と書こうもんならいつものセットに柿の木が書き加えてあったり茜色の雲が後ろに書き割られている。
このセット代が半端じゃなかった。

だから今は、ワンセットのトーク形式になってしまったんだろうなと思う。
制作費がかからないようにかからないようにと…。
その結果、何杯もセットを作るコント番組なんて誰も作らない。
かと言って実写ロケも金がかかる。

で…結論…作り物は最早無理。
そしてベタ番組だらけに…。
吉本の芸人がワンサカ出演してユーチューブからパクって来たVTRの感想やコメントをいじくっているだけのトークバラエティ。

さんまの番組、ナイナイの番組、その他諸々。
作家もスタッフも設定(お題)を考えるだけ。
物語やストーリー性のあるものは、経済的にも物理的にも淘汰されてしまう。

けれどテレビ局は儲かるんだよね。
放送権料やら何やらでピンハネするだけ、しまくって制作会社に丸投げ。
こうして安かろう悪かろうのテレビコンテンツだらけになってしまった。

今や、放送局は、コンテンツ制作の会社ではなく、コンテナー会社。
この図式が、ここまで固まってしまうともの作り、事作りの面白さが無くなり流れ作業となり、ただ、ただ流れて行くばかり。

こうなると、アイデアではなく思いつき大会になる。
世に溢れるコンテンツは全て思いつきだけ。

思いつきギャグに。
思いつきのキャスティング。
思いつきだけが取り柄のスタッフばかり。

そして見る人は誰も居なくなる。

「うるさい!年寄りの外野は黙っとけ!」

と言われるだけだろうが…作り方の基本を綺麗さっぱり無くしてしまっても俺は知らんぞ!と年寄りの遠吠えを熱帯夜の夜に一発かましておくね。

スポンサーサイト

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

NHKには自浄作用が無いのか?

平清盛の視聴率11.3%。

巧妙だね~裏に『なでしこ』や『フィギアスケート』の放送があってこの数字?
で、来週は14%ぐらいに戻すのか?
そして少しずつ上げて行くつもり?
もしかして視聴率、無理やり上げの台本でも作ってる?

ところでNHKは内部の反日勢力の駆除を本気でしないと本体が無くなるよ?

この反日な人たちは日本を貶める事ばかり必死になる。そのうち癌細胞、エボラと同じで最終的には宿主のNHKを食い殺してしまう。

つまり気がつけば誰も金を払わなくなる。テレビを見なくなる。NHKがいらなくなるって事だ。
だってNHKともあろうもんが日本人の気質もDNAもアイデンティティもまったく分かってない。

『王家』

と言う呼称に何故あんなに日本中が反発したのかまったく理解してない。理解しようとも思っていないらしい。

反日プロデューサーと反日スタッフ、何人かの常識はずれのイデオロギーで中央強行突破で作られた、なんちゃって大河ドラマ…ものの見事に討ち死に…。
こりゃもうプロバガンダ失敗してるだろw

で、その当事者たちは、ちゃんと失敗の責任は問われるんだろうね?
その不似合いな場所から外されるんだろうね?

彼ら反日宣伝マンたちにしたら元も子もなくなる事をしでかしたって事だ。ホント地頭悪い人たちだよね。NHKさん、そう思わない?
日本放送協会が、貴方たちの正式名称。東アジア放送協会じゃないよ。

言っておくけど、この日本では史実を扱ったドラマにファンタジーやステマは許されない。

役に似合ってもいない人間を平気でキャスティングしてしまうのは反日優先キャスティングだからか?なんちゃって日本人優先キャスティングだからか?

全部追い出せよ!

時代劇や大河の視聴者の平均年齢層は高い。
その人たちが、既に大河を見限っている。

『天皇の王家呼ばわり』
『清盛は準貴族の筈なのに顔も洗わないのかって程汚い』
『画面が霞(埃)がかかって見難い』

ネットを見ない年寄り世代も不自然に思っている。
実は、この世代が一番の保守層だったりする。
だから『王家』はダメだって言っただろ…。

そしてネットでは現在、大河の視聴率を巡って株価予想状態で盛り上がっている。

「底値は、いつ来る?」
「オリンピック始まったら暴落と予想w」

日曜日の放送より月曜日の視聴率発表時間が一番注目されている大河ドラマってどうなんだ?

テーマ : 大河ドラマ 平清盛
ジャンル : テレビ・ラジオ

テレビ離れの原因を調べたかい?テレビ屋さん

「NHKスペシャルはスペシャルじゃない」

と書いた。
民放のバラエティーもベタ番組の横並びだとも書いた。
(ベタ番組とはひな壇に芸人やタレントを並べて、一つの話題をあげて彼らのリアクションやコメントをいじって遊ぶ番組)

で、やっぱりテレビのコンテンツの質を上げないとダメだよな~と書こうかと思ったんだけど…。
ふと昔のコント番組を作っていた時の事を思い出した。

『刑事ゴロンボ』

覚えている人も居るかもしれないけれど、そう『カックラキン大放送』の中のコントの一つ。
そのコントにこんなのがあった。

イースターが近い放送日だったと思う。

設定は清里のようなキリスト教が似合いそうな田舎町。
可愛いペンションのような建物が右手にあって奥には森があり左手には物置。

そこに関根扮する逃亡犯がドンゴロスのようなボロを着て辺りをうかがうように現れ物置に隠れる。

一方ペンションの中では子供たちにキリストの話を聞かせている。(声だけ)

やがて女の子が一人ペンションから出てくる。

「お人形探すの~♪」

母親に告げて物置の方へ。
物置の戸を開けるとボロボロの関根。

女の子  「あ!!」
関根   「あ!!」
女の子  「えっと…キリスト様?」
関根   「え?…俺?…あ!…そう…キリスト様!」

と物まねも入れながらキリストに成りきる。

女の子  「どうしてここに?…やっぱり聖書の話は本当だったんだ!ママー!!ママー!!」

関根慌てて女の子の口を塞ぐ。

関根   「待ちなさい!!私はキリスト!しかし生き返った私は君にしか見えない。それがキリストなんだよ」
女の子  「ふ~~ん」

関根はキリストに成りきって女の子に食事や飲み物を求める。
すっかり信じた女の子は何度も何度も食料を運ぶ。
不審に思った母親が女の子の様子を見ている。

そこへ野口五郎と研ナオコが登場してペンションを訪ねる。

「この辺りに逃亡犯が逃げ込みました。心当たりはありませんか?」

その問いに母と子は否定するが
二人が去ろうとすると母親だけ子供に気がつかれないように五郎とナオコを呼び止める。

母親  「実は物置に逃亡犯らしき人が居ます。でも娘がキリストだと信じているようなので子供に気づかれないようにして欲しいんですけど」
五郎  「分かりました。一旦引き上げますが直ぐに戻ります。私に考えがあるので心配しないでください」

二人が去る。

舞台、暗転。夜。

ゴロンボを筆頭とする12人の刑事がマントを着て十二使徒の扮装をして松明片手に登場。
賛美歌が流れる中、女の子も見守っている。
ゴロンボが物置の戸を開ける。

五郎  「イエス・キリスト様、お迎えにまいりました」

関根、それでもキリストに成りきったまま

関根  「みなの者ご苦労」
ナオコ 「みなの者…キリストが言うか?」
関根  「お前はユダ。裏切り者のユダ」
ナオコ 「…なんでやねん!!」

小声でイザコザがあるが

五郎  「さーーー!!キリスト様!!イエス様!!」

とゴロンボに急かされてキリスト(関根)を取り囲むようにして去っていく。
流れ星が流れ、十二使徒が賛美歌を歌いながら去って行く。

暗転。



どう?これがカックラキンのコント。
一応、ちゃんと考えてたでしょ?

深いだろ!!って言っちまうには自画自賛過ぎるかもしれないけどさテレビコンテンツ作るんだったら、もっと物語作って欲しいと思うのは俺だけか?

テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

NHKスペシャルは本当にスペシャルなのか?

近頃のNHKは、いったいどうなってるんだ?
スペシャル番組で『ヒューマン』何とかで農耕の歴史を取り上げていたんだけど…何じゃこりゃw

『軽~~い』
『薄っぺら』

情報の仕事に携わっている筈なのにとてつもなく情弱。
その上、昔よく居た高校のクラス委員が作ったような思考の映像。はっきり言ってキモイ!
もはやドキュメントコンテンツとは、とても呼べる代物じゃない。

昔、NHKが作った『うぐいす』って動物番組があってね、その取材の凄さ、深さは、膨大な取材VTRが、番組の裏に存在すると伝わってくるような作り。
そうNHKだって凄かった時代は、ちゃんとあったんだよね。

残念ながら近頃、この放送局のスペシャルは薄い、軽い、アホ臭い。少しは英国BBCを見習って欲しいもんだ。
国民から金巻き上げている立場だって事を忘れ過ぎてないか?

「金返せ!」

って言われてもおかしくない。
こんな番組見ても翌日、職場や教室で話題にすらならないだろう。

そもそも最近じゃ

「ホントか?」
「嘘つけ!」
「ちゃんと裏をとってるんだろうな?」
「何だか詐欺っぽい」

と眉に唾つけて(ふるっ!)視聴せにゃならん。

昔、ビジュアルフォークロアって会社で民放のドキュメンタリーを作った事がある。
タイトルは

『日本綱引きの謎』

だったかな?
俺は番組の構成を担当したんだけど、取材VTRの量の凄さ、資料の多さ、番組の構成会議で求められる緻密さに圧倒された。
稲作文化が日本に伝わって来て、その豊穣を願う神事としての『綱引き』

視聴者の感情移入を計り好奇心を持続させる為の構成。
スリルとサスペンスも事実と史実に基づいて構築する。
これを成功させる為に試行錯誤を繰り返し考え続ける。

さて、そして今現在のNHKの劣化の酷さ。どうなっとるんじゃ?
どうして、こんな出来になっているのか?

つまりは…作ってる人間たちが『映像が好き』『テレビが好き』『ドキュメンタリー大好き』
な奴らじゃないんだろうなと思う。
単なる勉強が得意だった勉強バカが作っているんだろ。
テクニックに溺れただけの作りで何の感動も感情移入も視聴者にもたらさない。
本当の意味での哲学の無い映像と演出で自己満足。

「俺たち頭良さそうだろ?」

てな自己主張だけが伝わってくる。
もうさ俺が、構成し直してやろうか?

しっかり作らないとNHK日本放送協会をMHK源放送局に変えちまうぞ、こら!

テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

視聴率のまやかし?

テレビの視聴率が騒がれる事がある。
この視聴率ってものに誤魔化されないように国民とスポンサーに忠告!!

20%、40%とか発表されるけど
その前にセットインユースは?

セットインユースは発表されてる?

セットインユースってのは、その時間帯に日本全国で、どれだけの人がテレビを見ていたかって数字。

30年前、テレビが黎明期の頃、このセットインユースは80%以上あった。
今は、キチンと発表されてないけど40%~50%ぐらいだと言われている。
ここがマジックなんだよね。

「視聴率20%越え!凄いね」

の前に日本全国でどれだけの人が見てるかって事の方がはるかに重要なんだよ。
今みたいにネット世代のテレビ離れが顕著な時には特にね。

例えば、もしも視聴率が40%の大ヒット番組があったとする、その時のセットインユースが40%だったとする。最近もあったね
40%の視聴率だと日本中で見ていた人の数は

40%×40%=16%

そう、16%の人しか見ていないって事になる。
視聴率が17.6%なら、実際に見ている人の数は、その半分以下になるって計算だ。

数字だけ並べて20%だ40%だと大騒ぎしても実際のところ深刻なのは現実にテレビ離れが加速しているって事。
俺が担当している大学院の特別授業の聴講生20人に

「○○見た?」

と聞いてみると手を上げるのは1人か2人。
年代的には20代~40代の社会人。

どれだけテレビ離れが進んでるのかって事なんだよね。
だから余計に生き残る為に『テレビ屋さん』たちは無茶苦茶な商法『数字マジック』を駆使して何でもありの状態になる。
一方、視聴者の方は、それがイヤでテレビ離れが加速する。

もうデフレスパイラルを起こしているよね。

メディアが哲学を無くしトランスするとホント怖い。

テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
源高志のオンライン短編小説(無料)
出版されてない短編をネット公開する事にしました。 他にも追加予定です。
日めくりカレンダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
増刷してない拙著紹介
関連DVD
月別アーカイブ
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。